トップへ 活動記録 実績 議会報告 おかの英美通信

『横断者注意』の路面標示が出来ました!

以前より、車がスピードを緩めないので通学時の横断が危険だと相談を受けておりました。
このたび路面に大きく『横断者注意』の文字を入れていただきました。(大里自治会館近く)

『ガーヤちゃんのLINEスタンプが発売されました!』

 

越谷市PRのツールとしてガーヤちゃんLINEスタンプの導入をH27年9月議会で提案しておりました。
楽しいガーヤちゃんが40種類で120円です。ぜひ、ご利用ください。

『越谷市手話言語条例』が制定されました!

「障害者基本法」において「手話は言語である」と明記されたことを受け、私は平成27年6月議会および9月議会におきまして「越谷市においても手話言語条例を制定すべき」と訴え、ようやく平成30年3月議会において全会一致で可決・制定されました。今後は市民の皆様に手話の周知と理解に取組んで参ります。

『待望の横断歩道が設置されました!』

花田1丁目の地元の皆様より、買い物に行くのに危険であると「横断歩道の設置」の要望を多くいただいておりました。2016.10.6自治会連合会長や地元自治会長・地元の方と越谷警察署に要望いたしておりました。ようやく横断歩道が設置され、皆様喜ばれております!

『11月22日、初めて議場での『届け出挙式』が行われました!』

 

越谷市政60周年記念事業として議場での『届出挙式』が行われました。
私が提案しておりました「オリジナル婚姻届」を提出後、そのまま議場で挙式が行われ、市長と共に祝辞を述べさせていただきました。

『災害時の緊急情報配信』が始まります

 

2013年3月定例議会において、正確な災害情報を迅速に配信するシステムの活用を提案しておりましたが、このたび、地震や大雨の災害時に越谷市においての避難指示や道路の通行止め等の情報の通知サービスがはじまりました!

『タッチ式電子タッチ式案内版』が設置されました!

越谷市役所の入口に『タッチ式電子タッチ式案内版』が設置されました。
これは27年12月議会において市の財源は持ち出すことなく広告等による、3棟の庁内のわかりやすい案内版設置の提案をしていたものが実現しました。年間約100万円で5年間の契約は済んでおり更に広告収入が増える予定です。

「北越谷駅東口の灰皿」が撤去されました。

多くの皆様より北越谷駅東口の喫煙場所が店舗やバス停に近すぎパーテーションもなく、灰皿撤去を含めての対策のご要望をいただいておりました。
平成26年12月定例会において「健康増進法25条の受動喫煙の防止が明記されており、健康対策の上からも市の対策を求める」と一般質問もいたしました。
このたびH29年3月30日をもって、全ての北越谷駅東口の灰皿が撤去されました。

「サイクルアンドバスライド」駐輪場が開設されました。

北川崎にあるタローズバスの停留所(川崎神社前)に、自転車と路線バスを乗り継げる「サイクルアンドバスライド駐輪場」を整備されました。公明党市議団として長年市長へ要望してまいりました。
越谷市内で導入されるのは初めてで、今回、整備された駐輪場のスペースは自転車約20台分。自転車を置く場所を提供する施設であることを明記した表示板が置かれています。

『オリジナル婚姻届』の作成が決定いたしました!

本年6月議会におきましてご結婚されるお二人の末永い幸せを願い祝福するとともに、一生の記念を手元に残せるかたちで、「オリジナル婚姻届の作成」を提案いたしておりましたが、29年1月より配布開始が決まりました。

〇様式はA3サイズで2枚複写になっております(1枚目は届出用、2枚目は記念用)
〇特徴は2枚目の記念用婚姻届には、お二人がお互いメッセージを書けるスペースや記念撮影コーナーで撮った写真を添付できるスペースを設けています。
〇婚姻届のデザインは2種類あります。幸せいっぱいの二人をモチーフに職員が描いたイラストや、越谷特別市民「ガーヤちゃん」など越谷市の特色を生かしたデザインになっています。

『振込め詐欺防止ポップアップ』が出来ました!』

越谷市では平成27年は57件、約 241,000,000円の振込め詐欺の被害がありました。
私は、振込め詐欺防止策の一つとして6月議会で受話器を取ると立ち上がる「ポップアップシール」の作成を提案していました。
このたび三菱東京UFJ銀行・防犯協会の応援をいただき5000枚、市の予算を使う事なく実現出来ました。

『災害時支援バンダナ』が作成されました!

以前、予算特別委員会において「災害時に耳が不自由な方々の為にバンダナを作成したら」と提案しました。
今回、四隅に『耳がきこえません』・『目が不自由です』・『身体が不自由です』・『避難に支援が必要です』と表示されたバンダナが出来上がりました。
災害は起こらないことを願いますが、何かの時には役立ててほしいと思います。

『日本教育新聞』に掲載されました。

H26年6月・12月定例議会において『手話』に関して一般質問を行いました。そのことについて「日本教育新聞」H27.8.22号の「議会質疑・解説」の欄に取り上げていただきました。
本年4月から「障害者差別解消法」が施行されましたので、更なるバリアフリー・ノーマライゼーションの観点からも手話の意識向上を推進したいと思います。

救急車搭載のタブレットに「多言語翻訳アプリ」導入!

本年6月議会で『救急車搭載のタブレットに「多言語翻訳アプリ」の導入』を提案しておりました。このたび、アプリが導入され、実際に外国人の方の救急搬送の折りに患者さんと『どこが、どのように痛い』の会話で、正確な症状の把握により適切な処置をすることが出来たとの事です。また『もうすぐ病院に着きますからね』なども伝えることができ、安心を与えられましたと救急隊員の方が話されておりました。
 ※写真は公明新聞に掲載されたものです。

修繕工事完了

相談を受けていた、滑り台・鉄棒の土台の剥き出しによる危険解消の工事、公園の出入り口2箇所の段差工事も終わりましたと担当課より連絡がありました。
要望の方々にとても喜んで頂きました。これからも、皆様のお声に全力でお応えしてまいります。

カーブミラー設置

南荻島562付近の交差点に事故を防ぐため、カーブミラーが設置されました。

越谷西高校・西側用水路草刈 全長180m

越谷西高校の西側にある用水路。この時期になると用水路の雑草が延びてしまい全長180mに及び道路の見通しが悪くなっていたため草刈を行いました。

大花田2丁目の丁字路に破線標示

越谷市花田2丁目にある丁字路に事故を防ぐため、ドライバーに一時停止を促す破線が標示されました。
この丁字路は「止まれ」の道路標識などがなく、車両の出会い頭事故がたびたび発生しておりました。近隣住民から対策を望む声をいただき、市道路総務課に丁字路の安全対策を求めこの破線標示が実現しました。
市民・住民の安全のためには率先して行動してまいります。

大里南「行き止まり」路地に看板設置

越谷市大里の大里南自治会内にある行き止まり路地に、「この先行き止まり」の看板が設置されました。
近道をしようとして自転車で進入する子供たちなどが、行き止まりで引き返すことが多々あり、ご相談を受けました。越谷市道路総務課に行き止まりであることがわかるような対策の要望をだし、この度看板の設置が実現しました。
越谷市のそして地域のよくなることは、どしどしお声を寄せてください。

栄進中学校付近の市道の水はけを改善

大沢の栄進中学校付近の市道でこのほど、雨水マスの新設や雨水管を大きくする工事が完了しました。今回、整備された箇所は、集中豪雨などの大雨の際、水はけが悪いため雨水が側溝からあふれ、市道が池のような状態になり、平成23年8月のゲリラ豪雨では浸水被害も起きていました。地域の方々から相談を受け、早速、市の道路建設課に実情を説明し、対策を講じるよう求めておりました。地域の皆様から安心の声を聞かせていただきました。

東大沢3丁目の信号に右折信号を追加

栄進中通り(市道)と、県道越谷八潮線が交わるこの交差点は、近くに「キャンベルタウン野鳥の森」もあり、地域周辺で最も交通量が多いところです。
しかし右折信号がないため、右折の車がなかなか進むことが出来ず、黄色から赤色に変わるときでも、無理に右折をしようとする車が絶えず、危険な交差点でした。2期目に入ってすぐに、地域住民の方々より「右折信号設置」の要望がありましたので、藤林ふみお埼玉県議に現場を見て頂きました。
今回、設置されたことを受けて、地域の方より、すぐに御礼の電話が入り、藤林県議と現場確認に行って参りました。

西新井セブンイレブンの交差点に信号機を設置

県道324号線の西新井のセブンイレブンがある交差点に、待望の信号機が設置されました。この交差点は変則的な四つ角で、事故が多発しておりました。平成19年に私が市議会議員に当選した当初から、「ぜひ信号機の設置を」との要望が、多くの地元住民の方々から要望が寄せられていました。私は、前県議の久保田県会議員に要望をお伝えし、県当局に対して働きかけを行ってまいりました。また、現在の藤林県議にも引き続きご尽力いただき、今回の設置に至りました、まだ、カバーがかかっておりますが、早速、喜びの声が届いております。

市内全小中学校にミストシャワーを設置

市立大沢小学校に設置されたミストシャワー

平成23年の9月定例議会の一般質問の中で、取り上げた「ミストシャワー」が全小中学校に設置されることになりました。「ミストシャワー」とは、霧状の水が噴霧されて、その気化熱によって涼しさが感じられる装置です。その設置について教育長が前向きな答弁を行っておりました。このたび市立大沢小学校にミストシャワーが設置され、今後、随時、市内小中学校に設置され、平成24年度、市内全小中学校45校に設置される予定です。

「優先駐車マーク」を導入

平成23年12月定例会の一般質問で取り上げた、「優先駐車マーク」が越谷市役所駐車場に導入されました。これは身障者用の駐車マークだと車イス以外の方が利用しにくいという声をもとに、その導入を訴えたものです。ペースメーカーを使用されている方や妊婦さん高齢者などのマークを描いて、そういった方々が優先的に駐車できるスペースを確保しました。

「子育てガイドブック」が発行されました。

「こしがや子育てガイドブック」が発行されました。このガイドブックは、私が平成21年9月議会、平成22年12月議会と、2度にわたり一般質問で取り上げ、その作成・配布を訴えさせていただいたものです。このたび県補助金を活用して、その実現にこぎつけることができました。ガイドブックは子育てに関する妊娠から出産、0歳から18歳までの子どもに関する情報を1冊にまとめたもので、健診や手当、保育サービスをはじめ、お出かけ便利マップ、医療機関マップ、進学など、父親の育児参加を応援するコラム「パパも子育て」や、不妊治療に関する情報も掲載されています。
平成24年3月から配布開始となり、市役所、地区センター、幼稚園、保育所等で配布されます。

>詳しい内容はこちらをご覧下さい。
 越谷市ホームページ
 「~安心して子育てできる越谷ライフ・サポートブック~」

介護マークの配布が決定しました。

平成23年6月16日の定例会一般質問において、私が取り上げた「介護マーク」の導入・配布が決定し、平成24年3月より配布されることになりました。この「介護マーク」は在宅で高齢者などを介護するご家族に対して、例えば男性介護者が女性用下着などを購入する際に、誤解や偏見を持たれることがないように、提示していただくことを目的としております。駅やサービスエリアのトイレでの付き添いや、病院の診察室への入室同行など、介護者が自然と行動が出来るように周囲にさりげなく知らせるためのマークです。越谷市では「介護マーク」が有効に活用されるために、ご協力をいただける店舗や事業所の募集を行っており、介護マークの普及促進に努めています。「介護マーク」の普及・定着によって少しでも介護者の負担軽減につながることを期待しています。

越谷市内AEDマップが作成されました。

去る9月定例会において「AEDの周知促進」について質問したところ、このたび越谷市の担当者より連絡があり、従来の「越谷マップ」にAEDの設置場所を記した「AEDマップ」を作成していただきました。市のホームページ上でも、11月11日付けの新着情報として案内されています。地図上の赤いAEDマークをクリックすると、その建物の名称。地図、詳しい設置場所まで明記されています。ぜひ、お住まいの周辺や、良くご利用される施設のどこに設置されているのか、ご確認いただきたいと思います。

越谷市「AEDマップ」はこちらです→

AEDマップ

大里シダックス裏の交差点に停止線

 越谷市大里「シダックス」裏の信号がない交差点で、通行する車から交差点が視認しづらいとの危険が指摘されておりました。優先道路が分かるように白線を引き、交差連の中心が分かるように表示するとともに、停止線をひいていただきました。

 

大沢地区の道路冠水に対処

 地域住民の方々から、大沢547-3の道路が、大雨が降ると冠水して困っているとのご相談をお受けいたしておりました。以前より市当局に働きかけてまいりましが、このたび、暗渠(あんきょ)改良工事が終了いたしました。

 

花田2丁目の道路補修工事

 

北越谷5丁目 自転車が止まらず、人とよくぶつかる場所に看板設置

 

危険な通学路に道路標示を設置

平成21年6月19日

 越谷市大里にある市道50556号に、「スクールゾーン」「カーブ注意」の道路標示と、ドライバーに注意を促すグリーン標示が約220メートルにわたり設けられ、住民から喜ばれている。
 この道路は市立桜井南小学校に通う児童の通学路。カーブで見通しが悪い上、道幅が狭く交通量が多いため、これまで車と児童との接触事故も発生しており、地域住民から安全対策を求める声が上がっていた。

 

保育所内にクーラーを追加設置

平成20年8月11日

 埼玉県越谷市はこのほど、全市立保育所内の幼児室にクーラーを設置した。
同市では近年、最高気温が40度以上を記録し、保護者から「子どもが熱中症にかかるのでは」と、夏場での保育環境の改善を求める声が上がっていた。
 これを受けて、党市議団の岡野英美議員は定例会で「夏場の保育環境の整備が必要」と訴えていた。

  1. 学校耐震化の推進
  2. 女性特有のがん検診無料化の継続
  3. 児童扶養手当が父子家庭にも支給
  4. こども医療費が無料に
  5. 太陽光発電導入への補助金を拡充
  6. 保育所・学童保育室の整備・サービス拡充
  7. 福祉なんでも相談窓口の開設
  8. 老人福祉センターの整備
  9. イチゴ農園経営者養成事業をスタート
  10. プレミアム付き商品券の発行
  11. 太陽光発電導入への補助金支給
  12. 高齢世帯へ火災警報器の無償給付
  13. 女性特有のがん検診無料化
  14. 子育て応援特別手当の支給
  15. 不妊治療の拡充
  16. 市内の全小・中学校に扇風機を設置しました
  17. 蒲生駅東口に交番を設置
  18. 蒲生駅東口にトイレ設置の決定
  19. 消防署(蒲生分署)の建て替え
  20. せんげん台駅構内にエレベーターの設置
  21. 75歳以上の方の宿泊費助成(4月から)
  22. 妊産婦無料検診が5回から14回へ
         (妊婦歯科検診も実施)
  23. こども医療給付費の無料化の拡大
  24. 国民健康保険証の送付が書留郵便に
  25. 社会保険事務所がオープン
  26. 養護老人ホーム「順正苑」の建てかえ・民営化が決定
  27. 小・中学校に防犯用カメラを設置
  28. 保育所の土曜時間の延長(市内8か所)
  29. 成人向けの初期急患診療所の開設