トップへ 活動記録 実績 議会報告 おかの英美通信

2011   2012   2013

「越谷いちごタウン」の内覧会に行って参りました。

12月18日

来年1月4日にオープンいたします「越谷いちごタウン」の内覧会に藤林県議と市議団で行ってまいりました。19,702㎡の敷地に8棟のいちごハウスが完成いたしました。店頭ではなかなか並ばない「かおり野」「やよいひめ」やお馴染みの「紅ほっぺ」「章姫」「とちおとめ」「彩のかおり」などの6種類が栽培されております。皆様ぜひお越し下さい。


12月定例会一般質問に登壇しました

12月5日

12月定例議会の一般質問で市長・教育長・選挙管理委員会事務局長に対し、「中核市として魅力と活力あるまちづくりについて 」「安全・安心のまちづくりの施策の充実について 」「市有財産の活用について 」「教育の充実について」「投票しやすい環境の推進について 」質問しました。
今後も越谷市民の安心・安全を確保しながら、地域経済の活性化や市民生活の向上に向けて全力で働いて参ります。


「越谷市敬老会」に参加いたしました

9月14日-15日

9月14日・15日の両日、サンシティ越谷市民ホールで行われた、「平成26年度越谷市敬老会」に参加して参りました。本市には100歳以上の方が83名、75歳以上の方は3万人以上おられます。お知り合いの方も、総理大臣からの百歳のお祝いを受賞されました。これからも益々お元気でお過ごしいただきたいと思います。


一般質問で登壇しました

9月8日

9月定例議会において市長・教育長・消防長に対し、一般質問いたしました。


地方議員研究会の研修に行って来ました

8月21日

「行政サービスコストとABC」コスト算出から事業改革へ。を学んでまいりました。
行政サービスをActivity Based Costing 所謂「活動基準原価計算」の観点からコストの可視化を図り、事業改革に結びつければ画期的だと思いました。もっと深く勉強して参りたいと感じております。


時事通信社の研修に行って来ました

8月19日

越谷市議団で「時事通信プレミアムセミナー 自治体消滅 ~人口減少社会の今、何をなすべきか~」に参加して参りました。
2040年には現自治体の約半数が消滅の可能性があるといわれております。その対策として①少子対策と東京一極集中対策を同時に行う必要がある ②地域消滅を防ぐには、日常を支える機能の維持がポイントである。ことを実感いたしました。遠い将来の事として捉えるのではなく早急な課題であると感じました。


宮城県名取市へ行政調査に行って来ました

7月28日

越谷市議団で名取市へ「震災復興の取組みについて」調査に行って参りました。
実際に津波を受けた閖上地区ほか、現地視察させていただきました。
「復興計画」に基づいて集団移転や、土地利用の促進も緒に就いたばかりで、復興もこれからだと実感いたしました。一日も早い復興を改めてお祈り申し上げます。


「民生常任委員会」行政調査へ高崎市・長野市・飯田市に行って来ました

7月10日

7月8日から7月10日にかけて民生常任委員会の行政視察で高崎市・長野市・飯田市に行って来ました。
高崎市では「中核市における保健所について」、長野市では「認知症対策について学んで参りました。
7月10日の飯田市の視察では「多様な主体の協働によるまちづくり」の具体例として、「愛すべき・誇りにできるまち」実現に向けて様々な個人・団体が行っている具体的な取り組みについて学ぶことができました。


佐賀県みやき町へ行政調査に行って来ました

5月14日

市議団で「みやき町子どものいじめ・体罰等の防止条例」について行政調査に行って参りました。
H24年9月1日みやき町は「子育て支援の街宣言」を行い様々な子育て支援の施策が講じられております。「みやき町子どものいじめ・体罰等の防止条例」の目的は「大きな可能性を秘めた子どもへのいじめ・体罰等を許さない」事でありますが、学校の責務、家庭の責務のみならず、地域社会の責務を謳い、みやき町あげてこの条例に取り組んでおられる姿勢に学ぶものがありました。
町内57地区の懇談会に教育長自ら説明に入られ、町民のかたへの理解を求められた真剣さが伝わってきました。


「埼玉県市議会議長会議員行政研修会」

2月14日

熊谷市において「埼玉県市議会議長会議員行政研修会」に金井議長と共に参加して参りました。
「内外経済情勢とアベノミクス」と題して五味廣文氏(元・金融庁長官)の講演でした。
欧州債務危機・日本の経済状況・アベノミクスの行方と経済動向等について学びました。
社会保障制度についてもう一歩踏み込んで勉強していかなければと感じました。


荒川区へ行政調査に行って来ました

2月12日

市議団で「荒川区民総幸福度(GAH)」の行政調査に行って参りました。
区民の方の「幸福実感」を調査し住民本位の自治体運営を目指す取り組みとの事。
大事な視点であり、本市においても取り組んで欲しい施策であると感じました。